トップへ

にらやま動物病院

HOME >  ブログ, 院長のひとりごと >  ペットショップは動物病院の敵?

ブログ

ペットショップは動物病院の敵?

妻からはよく「あなたは口を開けば文句ばかり」と言われます(^-^;
でも、時には言わずにはいられないことも多々あります。
ブログでこんな事書いちゃっていいのかな…などと思うのですが
でもあまりにもめちゃくちゃだったりして
結果、手遅れになっちゃうことが何度もあったりしたので
ここは、
はっきり言っちゃいます。

ペットショップ店員やブリーダーの話は適当に聞き流し、
子犬・子猫を飼い始めた時は
最初に必ず動物病院へ連れて行ってください。

とうとう、言ってしまいましたね。
こんなことを言うから
ペットショップから「ろくでもない最悪の動物病院だ」と
悪口いわれちゃったりしたこともあります。
でもね、ワンちゃん、ニャンちゃんの成長期ってほんの一瞬で終わってしまいます。
生涯元気で過ごしてもらうためにはこの時期を絶対に逃がせないのに
ペットショップは様々な手段で動物病院へ行くことを阻むのです。
ペットショップの指示通りに育てたために、
ガリガリの成長不良のまま大人になった状態で初めて動物病院に来られても
もうなすすべもないのです。
これは全国の獣医師が頭を痛めてる問題なのです。

先日は3回目の混合ワクチンが終わってないのに、なぜか合間に狂犬病ワクチンを打たれて、結果、伝染病にかかってしまっている子犬さんが来ました。
狂犬病は日本ではここ数十年全く感染犬が出てないのにかかわらず
急がなきゃいけない混合ワクチンを差し置いて、なんで先に打っちゃうのかなぁ~。
ペットショップのやることはいつもミステリーです。

もちろん、ちゃんとした良心的なショップさんもありますよ。
ただ、ややこしい悪の巣窟から購入してくる方があまりにも多いので
(悪の巣窟が大型店なのでどうしてもそうなってしまうんですよね)
ふつふつと溜まりに溜まった怒りがどうしてもわきあがってきてしまいます。
このこみ上げる思いをいかにすべきか…